神経内科専門医 認知症専門医 認知症,高次脳機能障害,神経難病,頭痛,しびれ,めまい,てんかん,自立支援医療(育成・更生,精神通院),生活保護法指定,難病医療費助成指定  練馬区 石神井公園駅徒歩3分
  • HOME »
  • このような症状の方
はじめて受診されるかたへ
診断書作成のご案内
受診相談のご案内
お電話でのお問い合わせ
よくあるご質問
個人情報のお取扱いについて

お車でのご来院について

専用駐車場の準備はございません。コインパーキングのご案内となります。

車いすの患者様へのご対応

車いすでのご来院が可能です。クリニック入口は小さな段差がありますので、お手伝いの必要な方は声をおかけください。クリニック内は車いすのままでの移動が可能です。障害者用トイレがあり、車いすでのご利用が可能です。

このような症状の方

ものわすれ外来(認知症)

記憶力は、年齢とともにわるくなるもの・・・。「ものわすれ」するから病気とはいえません。とはいうものの、「ものわすれ」がアルツハイマー病など、認知症につながる病気の最初の症状のこともあります。認知症の治療には、早めの受診が大切です。

「ものわすれ外来」よくある質問

Q:診察の流れを教えてください。

A:①「詳しい問診」:ご本人の前で話せない場合は問診票に「家族が先に話したい」とお書きください。先に診察室にお呼びします。②「神経学的検査」:麻痺、感覚、筋、姿勢の状態を診察します。脳神経内科医が専門とする検査です。その後、血液検査、脳MRIの予約に進みます。③「画像診断」:当院のディスプレイでご説明します。脳腫瘍など緊急対応すべき病気はすぐに専門病院をご紹介します。ご病状によっては、さらに詳しい画像検査(脳SPECT、DATスキャン)に進みます。④「精密認知機能検査」:当院で行います。この検査で認知機能の低下がどの程度かはっきりとわかります。ご家族に同席いただいています。*複数の検査を組み合わせ、大学病院と同じレベルで初期認知症や認知症以外の病気を高い精度で診断しています。

Q:他の病院のMRI検査で「異常なし」と言われましたが、物忘れが進んでいます。どのような検査を受ければいいでしょうか?

A:脳萎縮が疑われる場合は「脳スペクト検査」をお勧めしています。血流低下パターンを把握し、病気のタイプや進行度を診断する助けになります。連携医療機関の国立病院機構東京病院で行っています。

Q:進行を止める薬はすぐに処方してもらえますか?

A:現時点で発症を予防したり、進行を止めるお薬はありません。あるのは進行を少し遅らせたり、症状の一部を改善させる薬だけです。重要なのは糖尿病、飲酒、運動不足を放置して薬だけ飲んでも、効果どころか副作用が出てしまうことです。誤って数日分飲んでしまっても副作用がでます。お薬はご病状や年齢、安全に服薬できるかどうかを確認しながら処方しています。

Q:認知症にはどのような種類があるのですか?

A:3つに分類されており、複数のタイプを合併する場合が多いことがわかっています。①「アルツハイマー病」:「物忘れ」が強く、進行すると言葉や動作の障害が強くなります。人柄や人格は比較的長く保たれます。②「レビー小体型認知症」:子供や動物などが見える(幻視)、怖い夢を見る、大声で寝言を言う、パーキンソン病のような運動症状がある、などの特徴があります。③「前頭側頭型認知症」:強いこだわり、怒りっぽい(易怒性)、性格変化などが特徴で、言語障害が表れる方もいます。車の運転で大事故を起こすこともあるため、早期の診断が必要です。

Q:治す薬がないのに、早期受診が必要なのはなぜですか?

A:異常蛋白の脳内伝播が始まるのは中年期からです。異常蛋白の蓄積により脳萎縮が進行、認知機能が低下します。これを防ぐ薬はありませんが、「基礎疾患の管理、運動療法と知的活動の組み合わせ」が脳機能を守ることがわかっています。これらを早期から開始することが、脳機能を守る最大の治療です。「人生の最後まで、自分の意志で生きる」。それをサポートするのが私たちの目標です。

高次脳機能外来

病気や事故などで脳が損傷を受け、記憶、言語、動作、注意力などに障害が生じた状態を高次脳機能障害といいます。症状のわかりにくさから「見えない障害」と呼ばれ、生きにくさを抱えている方が少なくありません。当院の高次脳機能外来の特徴は以下の3点です。
1 「詳しい診断」;診察は院長に加え、高次脳機能障害のエキスパートの専門医が参加し、通常の検査では診断しにくい「状況判断が悪い」「意欲がない」「周囲に無配慮な言動をする」といった症状の検査を実施して、「見えない障害をできる限り見える化」してご説明しています。脳MRI、脳SPECT、脳波などの検査を国立病院機構東京病院で実施しています。また、障害を詳しく把握するために、ご家族や支援者の方からもお話を伺う場合があります。
2 「診断書作成」;
高次脳機能外来を受診された方の精神保健福祉手帳、障害年金診断書、医師意見書などを作成しています。特に、脳外傷で受傷から何年も経ってから症状が強くなった方(慢性外傷性脳症 CTE:Chronic Traumatic Encephalopathy )のご相談もお受けしております。障害認定が適正に受けられるように、できる限り精密な診断書の作成を心がけています。
3 「生活支援」;
地域の保健師さんやケアマネさんと連携して、リハビリ施設や介護保険制度を利用できるように、紹介状や診断書を作成しています。地域連携カンファレンスなども積極的に実施しています。

頭痛・しびれ・めまい

当院にはこのような症状で受診される方がとても多いです。頭痛の場合は、多くは緊張性頭痛と偏頭痛ですが、それぞれ効果のあるお薬が違います。最近はスマホやパソコンのやりすぎで頸椎を痛め、頭痛を起こす方も増えており、生活改善が有効な場合もあります。また、貧血が頭痛の原因になることもあり、男性よりも女性に多くみられます。
しびれやめまいの原因は、頚椎変形、糖尿病、ウイルス感染によるものなど様々です。当然、効果のあるお薬も違いますので、原因をしっかり診断することが効果的な治療につながります。
頭痛やしびれ、めまいなどの症状には脳出血や脳腫瘍など、深刻な病気が隠れている可能性があり、これらが疑われる場合は迅速な画像診断が必要です。大病院のMRI予約は何週間も待つ場合がありますが、当院連携の画像センターでは当日か翌日には予約が取れます。

神経難病

パーキンソン病や進行性核上性麻痺、多発性硬化症などの神経難病は、診断や治療には高い専門性が必要で、安易な投薬は副作用が強くなるなどの弊害があります。また、リハビリテーションがお薬と同じくらい重要で、早期からリハビリを始められた方は進行も緩やかです。当院では、「適切な投薬」「リハビリができる制度(公費医療や介護保険)につなげる」を診療の柱にしております。

てんかん

てんかんでは、「脳波」「薬の血中濃度」「副作用」を定期的にチェックすることが重要です。幸いにもてんかんは新薬開発が進んでおり、これまで発作が抑えられなかった方も改善する可能性があります。新薬は高額ですが自立支援医療制度を利用することで自己負担が1割に抑えられます。また、車の運転は発作が収まってから2年経過している必要があります。早く治療して発作を抑れば、進学や就職への影響も抑えることができます。

当院は、自立支援医療・難病医療費助成の指定医療機関です

受給者証をお持ちの方は医療費の負担が低くなります。また、これらの助成をご希望の方には診断書の作成もお受けしています。詳しくは「診断書作成のご案内」をご覧ください。

PAGETOP
Copyright © 石神井公園ひろクリニック All Rights Reserved.