石神井公園ひろクリニック 認知症専門医・認知症サポート医 一般内科,脳神経内科,物忘れ,認知症,頭痛,しびれ,めまい,高次脳機能障害,てんかん,軽度外傷性脳損傷(mild TBI),脳炎後遺症,若年性,指定自立支援医療機関(育成・更生医療,精神通院医療),生活保護法指定,難病医療費助成指定  練馬区 石神井公園駅西口徒歩3分
  • HOME »
  • このような症状の方
はじめて受診されるかたへ
診断書作成のご案内
受診相談のご案内
お電話でのお問い合わせ
よくあるご質問
個人情報のお取扱いについて

お車でのご来院について

専用駐車場の準備はございません。コインパーキングのご案内となります。

車いすの患者様へのご対応

車いすでのご来院が可能です。クリニック入口は小さな段差がありますので、お手伝いの必要な方は声をおかけください。クリニック内は車いすのままでの移動が可能です。障害者用トイレがあり、車いすでのご利用が可能です。

このような症状の方

ものわすれ外来

記憶力は、年齢とともにわるくなるもの・・・。「ものわすれ」するから病気とはいえません。

とはいうものの、「ものわすれ」がアルツハイマー病など、認知症につながる病気の最初の症状のこともあります。

認知症の治療には、早めの受診が大切です。

「ものわすれ外来」よくある質問

  • 最近、探し物や薬の飲み忘れが増え、財布もなくします。受診した方がいいでしょうか?
  • 探し物や薬の飲み忘れなどが急に増えている場合は、認知症だけでなく、脳外傷や脳腫瘍など他の病気の可能性もあります。お早目の受診をご検討ください。
  • 内科で認知症の簡易検査を受け「年齢相応」と言われたのですが徐々に物忘れが強くなっています。放っておいて大丈夫でしょうか?
  • 簡易認知症検査では初期の症状は診断できません。不安な場合は放置せずに早めに専門医受診をご検討ください。
  • 「ものわすれ外来」ではどのような診察や検査をするのですか?
  • ①詳しい問診、血液検査、神経学的診察、画像検査、認知機能検査を実施します:認知症初期や軽度認知障害(MCI)では、長谷川式認知症検査などの簡易検査では正常値になってしまいます。当院では複数の検査を組み合わせることで、初期認知症や軽度認知障害(MCI)も高い精度で診断しています。
    ②画像診断を実施します:MRI、脳SPECT、DATスキャンを連携医療機関(医師会健診センター、国立病院機構東京病院)で行う体制を整えています。その画像をお見せしながら、患者様、ご家族様に詳しくご説明いたします。
    ③原因疾患に合わせた治療を行います。:認知症の原因疾患は様々で、効果のあるお薬も違います。院長(認知症学会認定専門医・指導医)が時間をかけて診察し、アルツハイマー病、レビー小体病、前頭側頭型認知症などを鑑別、病所に合わせた治療を実施しています。
  • 認知機能検査は予約制ですか?家族も同席できますか?
  • 検査には30分から1時間程かかるため、完全予約制で行っています。また、病状をご理解いただくために、ご家族の同席をお願いしています。ご家族からは「何が起きているのかよく理解できた」「今後の対応方法がわかった」とのお声をいただいています。
脳機能、運動機能、内科的症状、画像診断。これらを総合的に判断することが認知症の早期診断、早期治療につながります!
  • 認知症にはどのような種類と特徴があるのですか?
  • ·認知症は病名ではなく、物忘れなどの認知機能障害が進み、日常生活に支障を来した状態を言います。代表的な3つのタイプについてご説明します。
    ①「アルツハイマー病」:最初に「物忘れ」で始まることが多く、進行すると徐々に言葉や動作の障害が強くなります。人柄や人格は比較的長く保たれます。
    ②「レビー小体型認知症」:物忘れは比較的軽く、子供や動物などが見える(幻視)、怖い夢を見る、大きな声で寝言を言ったり体を動かしたりする、歩行やバランスの障害などパーキンソン病のような運動障害がある、などの症状があります。
    ③「前頭側頭型認知症」:物忘れは軽く、強いこだわり、怒りっぽさ(易怒性)、性格変化などが特徴です。簡易認知症検査では正常値になる方が多く、早期診断には前頭葉機能検査が必要です。当院では複数の前頭葉機能検査を実施して前頭側頭型認知症の早期診断に力を入れています。
  • 認知症の早期受診が重要なのはなぜですか?
  • 多くの方は中年期から脳に異常タンパクが蓄積し始めます。蓄積が増え脳萎縮が進むと、認知機能が低下しますが、まだ症状が軽く実際の生活に困らない状態を「軽度認知障害」と呼んでいます。異常タンパクの種類や蓄積パターンは、遺伝的要素、体質に加え、生活習慣病や運動習慣など様々な要素が関係すると考えられています。比較的、萎縮が軽い「軽度認知障害」の時期から、高血圧、糖尿病、栄養状態をしっかり管理して、運動、社会的活動を行うこと。これが、脳を守る最大の治療です。「人生の最後まで、自分の足でトイレにいき、自分の口で食べ、自分らしく過ごしたい」。そのようなお気持ちの方こそ、どうぞお早目の受診をご検討ください。

高次脳機能外来

高次脳機能障害とは

病気や事故などで脳が損傷を受け、記憶、言語、動作、注意力などに障害が生じた状態を高次脳機能障害といいます。原因は、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)や脳炎などの病気、事故や転落などの頭部外傷など様々です。高次脳機能障害は症状のわかりにくさから、「見えない障害」と言われています。障害を自覚にくいため、必要な福祉サービスも利用できず、生きにくさを抱え、苦しまれている方が少なくありません。当院では通常の検査では診断しにくい症状や、受傷・発症から時間がたった方の診断書の作成もお受けしています。診断には、院長に加え、この分野のエキスパートの専門医が参加しています。また、地域の保健師さんやケアマネさんとのカンファレンスも実施して地域連携や生活支援に取り組んでいます。
 高次脳機能障害の専門診断をご希望の方は、お電話でお問い合わせの上、ご予約をお願いいたします。

診断
障害を把握するための記憶検査、失語症検査、前頭葉機能検査などの様々な神経心理検査(以下参照)を実施しています。画像診断設備のある病院と連携し、MRI、脳SPECT、脳波などの様々な検査を実施し、発症や受傷から時間が経過した方でも、障害の有無を明らかにできる体制を整えています。
【当院で実施可能な神経心理検査】
①知能検査:
・WAIS-Ⅲ成人知能検査
・コース立方体組み合わせテスト
・レーヴン色彩マトリックステスト
②記憶検査:
・ウェクスラーメモリースケール(WMS-R)
・リバーミード行動記憶検査(RBMT)
・Ray-Osterrieth Complex Figure Test(ROCFT)
・ベントン視覚記銘検査
・三宅式記銘力検査 
③失語症検査:
・WAB失語症検査
④視覚認知検査・半側空間無視検査
・標準高次視知覚検査
・行動性無視検査(BIT)
⑤前頭葉機能・遂行機能・注意力検査
・標準高次動作性検査
・標準注意検査法(CAT)/標準意欲評価法(CAS)
・ウイスコンシン・カード分類検査PER版(WCST)
・遂行機能障害症候群の行動評価(BADS) 
・FAB
・TMT
⑥認知症・精神症状
・長谷川式簡易認知症検査(HDS-R)
・MMSE
・ADAS
・NPI
【神経心理検査の予約について】
・完全予約制です。
・医師が検査必要と判断した場合に行っております。

診断書作成
高次脳機能障害の方が必要な福祉サービスや障害年金制度を確実に利用できるように、精神保健福祉手帳、障害年金、医師意見書(支援法)、主治医意見書(介護保険)などの診断書を作成しています。ご希望の方はお電話でご予約をお願いいたします(ご病状によってはご家族や支援者の方のお付き添いをお願いする場合があります)。※
社会復帰やリハビリテーションについてのご相談
高次脳機能障害の方はどこに相談したらいいのかわからず、長い間、支援を受けられず、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。また、お一人づつ症状が様々で、ご家族、支援者の方が対応に困ることも多いと思います。受診相談では、作業療法士がこのようなご相談をお受けしております。
【これまでお受けしてきた相談内容】
・障害者支援法サービスでどのようなリハビリを受ければいいのか相談したい。
・退院後に自宅でできるリハビリや、家族のかかわり方を教えてほしい。
・現在契約中のヘルパーさんや、通所中の施設のスタッフに高次脳機能障害の特徴を説明してほしい。
・障害者グループホームに入所するにあたり、スタッフに障害の説明をしてほしい。

高次脳機能障害のご相談は事前の準備が必要のため、お電話でのみお受けしております。(ネット予約ではお受けできませんので、ご了承ください)

※障害年金や障害者手帳の診断書についての詳しいご相談は、作業療法士による受診相談でも承りますのでどうぞご利用ください。
【これまで受診相談にお寄せいただいたご相談の例】
・これまで高次脳機能障害と診断されたことがないけど、診察を受けたほうがいいのか迷っている。
・事故や病気から時間がたっているけど、障害者手帳、障害年金を申請したい。
・今まで入院、通院していた病院で診断書は書けないと言われて困っている。

ネット予約はこちらから

頭痛・めまい・しびれ・てんかん・脳血管障害・神経難病(パーキンソン病など)

以下の症状や疾患は脳神経内科の専門分野です。院長は神経内科専門医(指導医)ですので、安心してご受診ください。
【頭痛】
頭痛は脳神経内科の専門分野で、当院には頭痛で受診される方が非常に多いです。頭痛の多くは緊張性頭痛と偏頭痛ですが、それぞれ効果のあるお薬が違うため、鑑別診断が必要です。また、頭痛には髄膜炎、くも膜下出血など緊急対応すべき病気もあり、専門医の丁寧な診察が必要です。当院では、連携医療機関で土日も含め、画像診断できる体制を整えています。
【しびれ・めまい】
しびれやめまいの原因は、頚椎の変形、糖尿病など内科的な要因やウイルス感染によるものなど様々です。当然、効果のあるお薬も違いますので、原因をしっかり診断することが効果的な治療につながります。しびれやめまいでお悩みの方は是非ご相談ください。
【神経難病、脳や脊髄の病気】
パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、脳梗塞や脳出血の後遺症、てんかんなどは神経内科の専門分野です。
・てんかんは新しいお薬が開発されやすい分野で、これまで抑えられなかった発作も、新薬で症状が改善する方が非常に多いです。新薬は高額ですが公的医療(自立支援医療)を利用することで、自己負担が1割に抑えられます。当院は、自立支援医療の指定医療機関で、院長は指定医です。自立支援医療診断書の作成もお受けしておりますので、どうぞご相談ください。
・パーキンソン病や進行性核上性麻痺などの神経難病は、診断や治療には高い専門性が必要で、安易な投薬は副作用が強くなったり、お薬が効く期間が短くなってしまうなど、大きな弊害があります。また、リハビリテーションがお薬と同じくらい重要で、進行のスピードは早期からリハビリを始められたかどうかで大きく変わります。当院では、「時間をかけた診察」「慎重な投薬」「リハビリができる制度(公費医療や介護保険)につなげる」を診療の柱にしております。

●リハビリや介護保険のご相談もお受けします
神経難病では、リハビリテーション、介護サービスの利用がとても重要です。当院では在宅医療の経験が長い作業療法士が介護保険やリハビリの相談をお受けしております。
作業療法士による受診相談のページもご覧ください。

●自立支援医療・難病医療費助成の指定医療機関です
当院は自立支援医療、難病医療費助成制度の指定医療機関です。受給者証や自己負担上限管理表をお持ちください。また、これらの助成をご希望の方には診断書の作成もお受けしています。詳しくは「診断書作成のご案内」をご覧ください。

PAGETOP
Copyright © 石神井公園ひろクリニック All Rights Reserved.