神経内科専門医 認知症専門医 認知症,高次脳機能障害,神経難病,頭痛,しびれ,めまい,てんかん,自立支援医療(育成・更生,精神通院),生活保護法指定,難病医療費助成指定  練馬区 石神井公園駅徒歩3分
  • HOME »
  • 院長紹介

院長紹介

《経歴》
1973年 東京大学医学部卒業
1976年 東京大学医学部神経内科教室入局
1976年 東京医科歯科大学医学部解剖学教室助手、神経解剖学を学ぶ
1977年 国立病院機構下志津病院勤務、小児神経診療に携わる
1978年 国立病院機構東京病院神経内科勤務
1981年 国立病院機構東京病院神経内科部門医長、神経内科病棟主任を兼務
1984年 東京大学医学部にて学位取得(筋萎縮性側策硬化症研究)
2002年 国立病院機構東京病院で「物忘れ・高次脳機能障害専門外来」開設
2014年 国立病院機構東京病院退職、石神井公園ひろクリニック開設
現在も、国立病院機構東京病院で「物忘れ・高次脳機能障害専門外来」(第1・3木曜日)を担当

《ごあいさつ》

 当院のホームページを訪れていただき、誠にありがとうございます。
当院の方針は「早期診断」「病状に合わせた投薬」「福祉制度の積極的な利用」の3点です。当院には、認知症やパーキンソン病の進行を止める薬を出してほしい、という方がたくさん来院されます。現時点で、発症を予防したり、進行を止めるお薬はありません。あるのは進行スピードを緩やかにしたり、症状の一部を軽くする薬だけです。糖尿病、過度の飲酒、栄養不良、運動不足を放置して飲んでも改善どころか悪化してしまいます。また、飲み過ぎや飲み忘れを防ぐ体制がないまま投薬すれば、深刻な副作用につながってしまいます。一方、脳や神経の病気には運動療法が極めて効果的で、こちらには副作用はありません。一日も早く診断して生活管理と運動療法を始める。これが病状進行を抑える鍵です。

 当院では、認知症や神経難病のタイプを詳しく診断し、病状や生活環境に合わせてきめ細かな投薬を行います。同時に、介護保険や難病医療費助成制度の診断書を作成、認知症や神経難病のケアが得意なケアマネさん、訪問看護ステーションをご紹介しています。福祉制度に詳しい相談員も常駐しておりますので、申請方法などはお気軽にご相談ください。

 また、国立病院機構東京病院(清瀬市)で認知症と高次脳機能障害の専門外来を担当しており、高度な画像診断や、必要に応じて入院紹介を行い、皆様が安心して療養できる体制を整えています。

 皆様のお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

石神井公園ひろクリニック
院長 栗﨑 博司
《指定医・専門医》
身体障害者手帳指定医
(肢体不自由・音声言語・平衡機能)
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
《所属学会》
日本神経学会
日本認知症学会
日本神経病理学会(評議員)
日本内科学会
日本神経心理学会
日本高次脳機能障害学会
日本認知神経科学会
院長名 栗﨑 博司(くりさき ひろし)
医療機関名 石神井公園ひろクリニック(しゃくじいこうえんひろくりにっく)
診療科目 脳神経内科、内科、リハビリテーション科
所在地 〒177-0041
東京都練馬区石神井町3-30-3 岡本ビル1階
電話番号 03-5923-7202
FAX番号 03-5923-7203
診療時間 月・火・水・金 9:30~12:30 14:00~18:00
土       9:30~12:30
休診日 木曜、日曜、祝日、土曜午後
PAGETOP
Copyright © 石神井公園ひろクリニック All Rights Reserved.